世の中、感心、関心、歓心、感心なことばかり・・!
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
第17回ALS/MND国際シンポジウム
第17回ALS/MND国際シンポジウムが2006年11月30(木)〜12月2日(土)横浜(パシフィコ横浜)で開催されることになりました。

また、11月26日(日)〜28日(火)には第14回ALS/MND国際同盟会議と29日(水)にはアライド・プロフェッショナルズ・フォーラムとコミュニケーション・ワークショップ等が併催されます。

このシンポジウムは、難病ALS/MNDの克服に日夜研究を重ねている全世界の研究者や医師、実際の臨床に携わっている専門家が一堂に会して、研究の成果を発表し、討議する、世界で唯一の極めて意義のある国際シンポジウムです。また国際同盟会議は世界の患者・家族支援団体がALS/MNDの啓発、ケアの向上、原因究明と治療法確立支援について年1回話し合う会議です。

シンポジウム概要はこちら>>

ALS/MNDとは
「筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic laterALSlerosis)」「運動ニューロン病(motor neuron disease)」の略称で、脳と脊椎にある運動の神経細胞(運動ニューロン)が選択的に障害されることで感覚や自律神経はそのままに、身体の自由が利かなくなり進行すると呼吸することも困難になる難病です。

ALSは神経繊維が破壊されることにより、筋肉が縮み、身体を動かすことの出来なくなる最終的に死に至る進行性の病気です。現在、原因が究明されていないことから老若男女、誰にでも発病する可能性があり、診断後わずか3-5年でなくなってしまう難病です。

全世界で毎年13万人の方が亡くなっており、日本でも現在約7000人程の患者がいます。患者数が少なく患者の余命も短いことから、研修資金が集まりにくく、原因の究明と治療法が未だ見つかっていません。

日本におけるALS活動
Prize 4 Life”は、日本ALS協会と連携をとりながら、日本におけるALSの認知向上のため、活動をしています。“ Prize 4 Life”は、ALS患者であるAvi Kremerがハーバードビジネススクールのクラスメートとともに設立した、米国マサチューセッツ州にあALSの研究を支援するNPOです。

ALSは有効な治療法がなく、患者が短命なため治療の研究が少ないという現状を背景に、優秀な研究には基金から1千万ドルを報奨金として支払う等、ALSの治療研究の推進を支援する活動を行っています。

公式HPはこちら>>
10:56 気になるコト comments(3)
スポンサーサイト
10:56 - -
comment
穴馬さん お気に入りの番組だったのですが、いろいろな理由で無くなったのは残念ですね! 仕事人さん お久しぶりです!デジカメ機能のおかげですね・・・(^^;)
UJIN 2008/09/22 00:02
いや〜綺麗に撮れてますねん!!^^ おいらの現場で使ってる、デジカメとはまったく違いますよん!!^^ -----
仕事人 2008/09/21 11:14
プロジェクトX、見ました(^^) 開通して、もう20年も経つんですね(´ω`)
穴馬 2008/09/21 00:45

message :